備前市の学習塾・進学塾|早稲田育英ゼミナール備前教室|伊部|伊里|穂浪:備前市の筆頭 個別指導学習塾|補習から受験まで総合指導|一人ひとりの学びと成長を強力サポート!
  • ホーム
  • 備前市の学習塾・進学塾|早稲田育英ゼミナール備前教室|伊部|伊里|穂浪: 検索結果

タグ「読書」が付けられているもの

講師が中学時代に読んだ本⑧(最終回)

2009年6月26日 jukutyou | コメント(0) | トラックバック(0)

8回目の最終回は金本先生(二十代女性)に締めくくってもらいましょう。
注意事項

金本先生が面白かったと思ったのは次のような作品です。
先生のコメントをそのまま掲載しますね。

続きを読む: 講師が中学時代に読んだ本⑧(最終回)

講師が中学時代に読んだ本⑦

2009年6月24日 jukutyou | コメント(0) | トラックバック(0)

第7回は松本先生(三十代・男)のを紹介します。 ※注意事項

松本先生が面白かったと思ったのは次のような作品です。先生の
コメントをそのまま掲載します。

続きを読む: 講師が中学時代に読んだ本⑦

講師が中学時代に読んだ本⑥

2009年6月24日 jukutyou | コメント(0) | トラックバック(0)

第6回は西田先生(四十代女性)のを紹介します。 ※注意事項

西田先生が面白かったと評価したのは次のような作品です。先生の
コメントをそのまま掲載します。

続きを読む: 講師が中学時代に読んだ本⑥

講師が中学時代に読んだ本⑤

2009年6月23日 jukutyou | コメント(0) | トラックバック(0)

第5回は石野先生(二十代女性)のを紹介します。 ※注意事項

まず、石野先生が面白かったと評価した作品は次です。先生の
コメントをそのまま掲載します。

続きを読む: 講師が中学時代に読んだ本⑤

講師が中学時代に読んだ本④

2009年6月23日 jukutyou | コメント(0) | トラックバック(0)

第4回は谷口先生(二十代女性)のを紹介します。 ※注意事項

まず、谷口先生が面白かったと評価した作品は次です。先生の
コメントをそのまま掲載します。

続きを読む: 講師が中学時代に読んだ本④

講師が中学時代に読んだ本③

2009年6月22日 jukutyou | コメント(0) | トラックバック(0)

第3回は尾﨑先生(三十代・男)のを紹介しましょう。 ※注意事項

尾﨑先生が面白いと思ったのは次のような作品です。先生の
コメントをそのまま掲載します。

続きを読む: 講師が中学時代に読んだ本③

講師が中学時代に読んだ本②

2009年6月22日 jukutyou | コメント(0) | トラックバック(0)

第2回は浦上先生(三十代女性)のを紹介しましょう。 ※注意事項

まず、浦上先生が面白かった作品は次のとおりです。先生のコメント
をそのまま掲載します。

続きを読む: 講師が中学時代に読んだ本②

講師が中学時代に読んだ本①

2009年6月20日 jukutyou | コメント(0) | トラックバック(0)

他の講師のを紹介する前に、言いだしっぺから公表しないと。。。
その前に、ちょっと注意事項を。
このことを踏まえたうえで、見ていってくださいね。

それでは始めていきましょうか。 まずはこれですね。

続きを読む: 講師が中学時代に読んだ本①

講師が中学時代に読んだ本 その前に

2009年6月20日 jukutyou

ここで紹介する本は、備前教室の講師全員にアンケートを
とって得られた結果です。
アンケートに答えて貰ったのは次のような本です。

①中学生時代に読んだ本
②面白い、感動した、勧めたいと思う作品
③逆に著名な作品ではあるけども面白くない、と思った作品

あくまでも主観的にそう感じた作品をあげて貰いました。
ですから、一般的に「良書」とされる作品とは限りません。
学校の推薦図書になっているかどうかも考慮していません。
また、講師Aは是非勧めたいと評価しても、講師Bは面白く
ないに評価する場合もあります。
小・中学生に少しでも本に興味を持って貰いたいというのが
狙いなので、この点ご理解ください。

Amazonブックデータベースにあるものはリンクを貼っておき
ます。保護者の方はIDを作れば、そのまま注文できます。
(ご自宅まで届けてくれます。合計1,500円以上送料無料)。
また、中古品の値段も表示されます。状態は気になるほど
ではありません。少し時間がかかりますが格安の値段で
購入できます。

このデータベースを見れば、その作品のあらすじや、他の人
の感想・評価(カスタマーレビュー)も見ることができます。
ページ数をみて、読めそうかどうか、前もって知るのにも
いいかも知れません。
著者や出版社を調べて、図書館で借りるのもよし、購入する
もよし。
児童向きの版がある場合は、それも掲載しておきます。
小学生にはそっちの方がよいかも知れません。

さぁ、どんな本から読んでいこうか

2009年6月18日 jukutyou | コメント(0) | トラックバック(0)

"若年層の読書離れ、活字離れ"このところずっと言われています。
確かに、実際に生徒と接していると、そんな傾向にあります。

国語の授業や模擬テストで生徒の読解力を把握してみると、本当に
少しでも多く本を読んで貰いたい、そう思います。

これから夏休みを迎えるにあたって、学校でも推薦図書が公表される
でしょう。
ですが、推薦図書に、まったく関心を持てなかった経験はありませんか?
推薦図書を読んで感動したって言う人は少ないのではないでしょうか。
なぜでしょうね?

続きを読む: さぁ、どんな本から読んでいこうか

Tags

Valid CSS!

Valid XHTML 1.0 Transitional